【マルちゃん】あつあつ豚汁うどんの原材料と添加物

日々色々なカップうどん、ラーメンなど出現しています。

そんな中、「豚汁」をベースとしためずらしいカップうどんを「マルちゃん」で馴染みのある東洋水産が出したのです。

マルちゃんあつあつ豚汁うどんの原材料と添加物をチェックします。

 

スポンサーリンク






こちらの記事もよく読んでいただいています


 

あつあつ豚汁うどんとは

あつあつ豚汁うどんとは、マルちゃんでおなじみの東洋水産の製品です。

あつあつ豚汁うどんとは

楽天でも扱っています。

 

具だくさんなのですが、袋は2つ入っています。

あつあつ豚汁うどんの内容物

 

一つがかやくで、一つが液体スープです。

あつあつ豚汁うどんの付属品

 

開けて入れました。

お湯を注ぐまでの準備と言えます。

あつあつ豚汁うどんのスープ

 

お湯を注いで5分待ちます。

多くのカップめんは3分ですが、これは5分になっています。

あつあつ豚汁うどんの完成品

カップめんながら具だくさんです。

ニンジンやキャベツなど野菜も入っています。

 

あつあつ豚汁うどんの原材料と添加物

あつあつ豚汁うどんの原材料と添加物をチェックします。

あつあつ豚汁うどんの添加物

油揚げめん(小麦粉、植物油脂、でん粉、食塩、植物性たん白、乾燥酵母、卵白)、添付調味料(みそ、豚脂、ポークエキス、醤油、野菜エキス、砂糖、食塩、香辛料、魚介エキス、酵母エキス、香味油脂、たん白加水分解物、発酵調味料)、かやく(味付豚肉、味付油揚げ、ポテト、にんじん、ねぎ、ごぼう)、加工でん粉調味料(アミノ酸等)、酒精、リン酸塩(Na)炭酸カルシウムカラメル色素酸化防止剤(ビタミンC、ビタミンE)、レシチン、増粘多糖類、香料、ビタミンB2、ビタミンB1、(原材料の一部にごま、さば、鶏肉、ゼラチンを含む)

 

色々入っています(汗

調味料(アミノ酸)は多くの場合、グルタミン酸ナトリウムなどの化学調味料です。

ほとんどのカップめんに入っています。

カップめんに限らず、ほとんどの加工食品に入ってもいます。

 

次が、たん白加水分解物です。

これは大豆から作るのですが、現実は大豆から油を搾った大豆の絞りかすに塩酸をかけてたんぱく質をアミノ酸に分解します。

そのままでは危ないので、食品に使う前に中和して使います。

 

気になる添加物

  【調味料アミノ酸】らーめんも、スナック菓子も、昆布だしも全部味のベースは同じもの【物のうまみは全部一緒】

  【たん白加水分解物】の作り方と危険性

  【増粘剤(ぞうねんざい)】粘稠剤(ねんちゅうざい)、ゲル化剤は同じもの。安全性を調査

  【炭酸Ca、炭酸カルシウム】の安全性、危険性

  【カラメル色素】に発がん性物質!?安全なのか?危険なのか?

  酸化防止剤

 

あつあつ豚汁うどんの栄養素とカロリー

あつあつ豚汁うどんの栄養とカロリーはこちら。

あつあつ豚汁うどんの栄養素とカロリー

1食当たり(標準109g)

 

カロリー:432kcal

たんぱく質:10.4g

脂質:20.3g

炭水化物:52.0g

ナトリウム:2.3mg

ビタミンB1:0.060mg

ビタミンB2:0.36mg

カルシウム:156mg

 

1個で400kcalを超えるので、ランチにするとしたらもう1品くらいほしいところです。

しかし、豚汁という知るものと、おかずが一緒になったような豚汁がベースで、炭水化物のうどん麺が既にあるので、何を合わせるのか難しいですね。

現実的には、おにぎりをつかして、炭水化物過剰な感じです。

 

あつあつ豚汁うどんの賞味期限

あつあつ豚汁うどんの賞味期限はこちら。

あつあつ豚汁うどんの賞味期限

カップめんには珍しく、底面ではなく、カップ下方の側面に記載があります。

 

  カップラーメンの賞味期限・消費期限・日持ちについて

 

カップラーメンの多くは賞味期限6か月間に設定されています。

こちらの記事もよく読んでいただいています


スポンサーリンク




コメントを残す