【コーヒーフレッシュの恐怖】どこにも「ミルク」と書かれていない。だって使っていないのだから。

コーヒーを注文した時、「ミルクと砂糖はいくつですか?」と聞かれたことはないでしょうか?

この時に、「ミルクを1つ」と注文したとき、ミルクが出てこなかったらどう思いますか?

とても奇妙な質問かもしれませんが、食品業界では当たり前のことです。

コーヒーフレッシュの原材料と添加物についてもお知らせします。

 

スポンサーリンク
こちらの記事もよく読んでいただいています

 

コーヒーフレッシュとは

「コーヒーフレッシュとは何か?」と問われたら、多くの方が「コーヒー用のミルク」と答えるでしょう。

でも、実はどこにも「ミルク」と書かれていません。

コーヒーフレッシュの添加物

 

1つ1つの小さいカップは、小さいので原材料の表示も、添加物の表示なども省略することができるようになっています。

その代わり、まとめた袋には記載があります。

 

その袋をよく見ても「ミルク」とはどこにも書かれていないのです。

 

次に「コーヒーフレッシュって何からできていると思いますか?」と聞くと「ミルク」とか、「考えたことがなかった」とか、回答が来ます。

確かに、牛乳(ミルク)とは違います。

でも、それが何なのかほとんどの人が知らないのです。

 

 

コーヒフレッシュの正体

コーヒーフレッシュの正体は、「水と油と白い粉」です。

あれ?

「牛乳(ミルク)は?」と、思われるかもしれません。

 

牛乳や乳製品が入っている物もありますが、乳製品が全く入っていないコーヒーフレッシュも存在します。

 

乳製品あり?


不明

 

乳製品あり

 

乳製品なし

スポンサーリンク

 

コーヒーフレッシュの作り方

ここでコーヒーフレッシュの作り方をお知らせします。

サラダ油に水を加えます。

かき混ぜて白濁させるのですが、水と油なので混ざらない。

 

そこで、「乳化剤」を入れます。

乳化剤とは界面活性剤のこと。

もっと簡単に言うと、水と油を混ぜることができるようにできる魔法の粉です。

コーヒーフレッシュの添加物

ただし、これだとサラサラです。

そこで、適度なとろみをつけるために「増粘多糖類」でとろみを付けます。

 

さらに、「カラメル色素」を追加。

少し茶色に色付けするのが「カラメル色素」です。

いかにもクリームらしい色になります。

 

あとは、日持ちさせるために、「ph調整剤」を入れます。

酸化を抑えるためです。

更に「香料」も入れて香りを良くします。

 

あれ?牛乳は?

乳製品は?

 

乳製品を全く入れなくても、コーヒーフレッシュはできてしまいます。

コーヒーフレッシュの添加物

 

もちろん、乳製品として脱脂粉乳が入っている物や、生乳が入っている物もあります。

生乳が入っている物はかなりレアで、「生乳〇%入り」とわざわざ書かれているほどです。

 


それぞれの添加物についても別にお知らせしています。

[icon image="arrow2-r"] 添加物の乳化剤の「乳」は「乳製品」の乳ではない

[icon image="arrow2-r"] 【増粘剤(ぞうねんざい)】粘稠剤(ねんちゅうざい)、ゲル化剤は同じもの。安全性を調査

[icon image="arrow2-r"] 【カラメル色素】に発がん性物質!?安全なのか?危険なのか?

 

家にいるときくらいは、コーヒーフレッシュではなく、牛乳を入れてコーヒーを飲みたいですね。

 

こちらの記事もよく読んでいただいています
スポンサーリンク