【着色料】ベニコウジ色素とは?用途は?安全性・危険性は?

添加物の一つとして「ベニコウジ色素」と言うのがあります。

漢字で書けば「紅麹色素」となります。

どんなものなのか?

どんなものに使われているかの実例と安全性・危険性についてお知らせします。

 




スポンサーリンク



こちらの記事もよく読んでいただいています


 

まずは、どんなものに使われているかか知っていただき、興味を持っていただきたいともいます。

ベニコウジ色素が使われている食品

ベニコウジ色素が使われている食品をご紹介します。

 

カップヌードルトマトチリヌードル

お馴染みのカップヌードルでも使われています。

ベニコウジ色素とカップラーメン

スープは真っ赤です。

トマト加工物も使われていますが、すごい赤です。

トマトチリヌードルと添加物

 

うどん

桜色のうどんには使われているようですね。

白いうどんには使われていません。

 

赤飯

赤飯も小豆だけではなく、ベニコウジ色素も使われているようです。

 

プロテイン

プロテインをはじめ、健康食品で多く使われています。

 

ダイエット食品

お馴染みの商品にも使われています。

 

フルーツグラノラ

スーパーで普通に売られているものにも当然使われています。

 

このようにかなり身近で、幅広く使われているベニコウジ色素です。

興味を持っていただいたところで、ベニコウジ色素とはどんなものかお知らせします。

 

ベニコウジ色素とは

ベニコウジ色素とは、こんなものです。

 

法律的にも合法ですので、インターネット通販でも手に入ります。

かまぼこや、ジャム、タコとかに使われるみたいです。

 

お店用には、レトルトパウチ的な袋に入れられて販売されています。

 

ベニコウジ色素の「紅麹」とは、カビの一種で麹菌(こうじきん)の一種です。

「カビ」と言われるとなんか印象が良くないですが、そうなるとお酒やみそなどもカビが使われているので、「菌」を使ったものだと思うくらいにしておいてください。

 

中国では紹興酒の材料としても昔から使われている材料です。

 

ベニコウジ色素は、紅麹を培養して、エタノールなどの水溶性の溶剤で溶かし出して、抽出して集めたものです。

別名、モナスカス色素とも呼ばれています。

 

ベニコウジ色素の安全性・危険性

ベニコウジ色素はどんなものか分かったところで、安全性・危険性についてお知らせします。

ベニコウジ色素を添加物の危険度を4段階くらいでわけるとしたら、2番目くらいです。

比較的安全な方だと言えます。

※勝手に作った4段階なので、大体の分け方は以下のようになっています。

 

食品会社としては使わないこともできる程度のものですが、ベニコウジ色素を使うことで色をよくすることができるのです。

悪く言うと、使う必要がないのに、ベニコウジ色素を使うことで消費者をだましている、とも言えます。

 

もちろん、きれいな色の方がおいしそうに見えてしまうわけですが、できれば、こういうのから添加物を外すことをやっていくことで、段々と減らせるのではないかと思ってしまいます。

 

こちらの記事もよく読んでいただいています


スポンサーリンク






1件のコメント

  • てて

    くるってるねw

コメントを残す