【ニュータッチ】名古屋 台湾ラーメンの原材料と添加物

「名古屋 台湾ラーメン」と言われても、名古屋なのか、台湾なのか分からないメニューと言えます。

実際どちらなのか、そして、そこで使われている原材料、添加物についてチェックしてみます。

 

スポンサーリンク
こちらの記事もよく読んでいただいています

 

名古屋 台湾ラーメンとは

名古屋 台湾ラーメンとは、名古屋以外の人にとっては、名古屋なのか台湾なのかよくわからないメニューです。

名古屋台湾ラーメン

 

要するに、「台湾ラーメン」とは、名古屋とその周辺の中華料理店・台湾料理店にて出されているラーメンの一種です。

「台湾麺」とも呼ばれることがあるようです。

 

豚挽き肉・ニラ・長ねぎ・モヤシなどをトウガラシで辛く味付けして炒めて、醤油ベースのスープを加えて茹でた麺にかけたものです。

ニンニクをたくさん入れるのも特徴の一つと言えます。

名古屋台湾ラーメン

「台湾」と名付けられているが台湾は関係ありません。

発祥は愛知県名古屋市で、名古屋めしの一種とされています。

逆に、台湾では「名古屋拉麺」と呼ばれています。

 

この「台湾ラーメン」を自宅で食べることができるのが、「ニュータッチ名古屋台湾ラーメン辛口味噌味」です。

 

楽天市場でも扱っています。

 

名古屋台湾ラーメンには小袋が2つ入っています。

名古屋台湾ラーメンの袋

 

麺に開けるとこんな感じです。

液体スープは食べる直前に入れます。

名古屋台湾ラーメンのかやく

 

完成品はこんな感じです。

名古屋台湾ラーメンの完成品

もうね、辛い!

麺は結構頑張ってほぐさないといけない感じです。

 

名古屋 台湾ラーメンの原材料と添加物

名古屋 台湾ラーメンの原材料と添加物をチェックします。

名古屋 台湾ラーメンの原材料と添加物

スポンサーリンク

 

[colored_box color="green" corner="r"]

めん(小麦粉、食塩、大豆食物繊維

スープ(しょうゆ、たん白加水分解物植物油脂、ポークエキス、チキンエキス、食塩、糖類、豆板醤、香辛料、白菜エキス、酵母エキス、動物油脂

かやく(味付肉そぼろ、唐辛子、ニラ、フライドガーリック、糖類)

加工でん粉調味料(アミノ酸等)、酒精、カラメル色素かんすい増粘剤(加工でん粉)酸化防止剤(ビタミンE、ローズマリー抽出物)、香辛料抽出物、カロチノイド色素、酸味料、香料、(原材料の一部に卵、ごまを含む)

[/colored_box]

 

結構色々入っています。

「たん白加水分解物」などは、うま味なのですが、味を複雑にするために入れます。

スープに食塩、調味料(アミノ酸等)、たん白加水分解物、の3点セットが入っているのがカップラーメンです。

でも、かやくに入っていました。

 

気になる添加物

[icon image="arrow2-r"] 【たん白加水分解物】の作り方と危険性

[icon image="arrow2-r"] 【調味料アミノ酸】らーめんも、スナック菓子も、昆布だしも全部味のベースは同じもの【物のうまみは全部一緒】

[icon image="arrow2-r"] 【カラメル色素】に発がん性物質!?安全なのか?危険なのか?

[icon image="arrow2-r"] 添加物の【かんすい】は身体に有害なのか!?最新添加物事情

[icon image="arrow2-r"] 【増粘剤(ぞうねんざい)】粘稠剤(ねんちゅうざい)、ゲル化剤は同じもの。安全性を調査

 

名古屋 台湾ラーメンの栄養素とカロリー

名古屋 台湾ラーメンの栄養とカロリーはこちら。

名古屋 台湾ラーメンのカロリー

 

1食当たり(標準110g)

[colored_box color="green" corner="r"]

カロリー:361kcal

たんぱく質:14.3g

脂質:8.9g

炭水化物:56.0g

ナトリウム:2.8mg

食塩相当量:2.6g

[/colored_box]

 

 

名古屋 台湾ラーメンの賞味期限

名古屋 台湾ラーメンの賞味期限はこちら。

名古屋台湾ラーメンの賞味期限

 

名古屋台湾ラーメンの賞味期限は6か月間です。

 

こちらの記事もよく読んでいただいています
スポンサーリンク