【セブンプレミアム】コロッケパンの原材料と添加物

コロッケパンとはお総菜パンの中でもかなりメジャーなメニューです。

しかもセブンイレブンで手に入るものなので、かなり入手性が良いものです。

そんなメジャーメニューの原材料と添加物をチェックしてみます。

 

スポンサーリンク






こちらの記事もよく読んでいただいています


 

セブンプレミアム コロッケパンとは

セブンプレミアム コロッケパンとは、これです。

セブンプレミアムコロッケパン

 

結構大きいし、ソースたっぷりです。

セブンプレミアム コロッケパン

 

中はコロッケなんですよね。

セブンプレミアム コロッケパンの中身

外のたっぷりソースに比べて、中身の味は少し物足りないような・・・

少しソースを練りこむわけにはいかないのかな・・・

 

通販では手に入りませんが、最寄りのセブンイレブンで買うか、セブンミールで届けてもらうかです。



500円を超えたらタダで届けてくれるとか、ほとんどタダですよね^^

コンビニで500円以下の買い物なんてほとんどありませんので。

ランチ分くらい注文したらもう無料!

たまには使ってもいいかも。

 

セブンプレミアム コロッケパンの原材料と添加物

セブンプレミアム コロッケパンの原材料と添加物をチェックします。

セブンプレミアムコロッケパンの原材料

コロッケ、小麦粉、ソース、植物油脂、砂糖、マーガリン、乳等を主原料とする食品、パン酵母、卵黄、小麦たん白、食塩、粉末水あめ、脱脂粉乳、ぶどう糖、加工でん粉、増粘剤(加工でん粉、増粘多糖類)、ph調整剤調味料(アミノ酸等)乳化剤膨張剤カロチノイド色素香料、ココア色素、ビタミンC(原材料の一部に卵・乳成分・小麦・牛肉・大豆・りんごを含む)

 

セブンイレブンは2001年から「保存料・合成着色料ゼロ」の取り組みをしてきています。

かといって、添加物がゼロと言うわけではありません。

 

確かに合成着色料はゼロみたいです。

しかし、「カロチノイド色素」とは、動植物及び微生物などに含まれる色素の総称です。

700種類以上あると言われています。

なにからどう作ったものなのか不明です。

 

保存料は書かれていません。

保存料としてよく使われるものは、安息香酸ナトリウム、ε-ポリリジン、ソルビン酸カリウム、ソルビン酸ナトリウム、などがありますが、これらの記載もないので、保存料は使われていないようです。

それでも、数日の日持ちが良くなるようにph調整剤が使われています。

ph調整剤とは、クエン酸、グルコン酸、コハク酸、炭酸カリウム、炭酸水素ナトリウム、二酸化炭素、乳酸、などが多いです。

「ph調整剤」と言う名称の物質はなく、実際は上記の様なものが使われています。

 

一番の落とし穴は、「コロッケ」です。

原材料として使われているので「コロッケ」でいいのですが、何が使われてて、作られているのか分かりません。

ここにどんな保存料や添加物を使っていても記載の必要はないのです。

添加物に関する法律って本当に抜け道だらけで怖いものです。

 

気になる添加物

  【増粘剤(ぞうねんざい)】粘稠剤(ねんちゅうざい)、ゲル化剤は同じもの。安全性を調査

  【調味料アミノ酸】らーめんも、スナック菓子も、昆布だしも全部味のベースは同じもの【物のうまみは全部一緒】

  添加物の乳化剤の「乳」は「乳製品」の乳ではない

  膨張剤

  「香料」!名前はシンプル どんな役割がある?

 

セブンプレミアム コロッケパンの栄養素とカロリー

セブンプレミアム コロッケパンの栄養とカロリーはこちら。

セブンプレミアムコロッケパンの原材料

 

1包当たり

カロリー:435kcal

たんぱく質:8.5g

脂質:18.8g

炭水化物:57.8g

ナトリウム:1.0mg

 

パン1個で435kcalとかちょっとカロリー高めです。

炭水化物とコロッケと考えたら1食なので、これ1個でお昼ご飯と言う感じなのかもしれません。

 

セブンプレミアム コロッケパンの賞味期限

セブンプレミアム コロッケパンの賞味期限はこちら。

セブンプレミアムコロッケパンの賞味期限

セブンプレミアムのコロッケパンの賞味期限は、2日間みたいです。

製造日とその翌日です。

 

 

こちらの記事もよく読んでいただいています


スポンサーリンク




コメントを残す