【パックコーヒーの添加物】昔ながらの森永珈琲の添加物

日頃普通に飲んでいるパックコーヒー。

このパックコーヒーの添加物はどうなっているでしょう?

詳しく見ていきましょう。

スポンサーリンク
こちらの記事もよく読んでいただいています

昔ながらの森永珈琲の添加物

今回は、パックコーヒーの例として、森永の「昔ながらの森永珈琲」を挙げました。

昔ながらの森永珈琲の添加物

 

楽天でも扱われている商品です。

 

ラベルを見ると、「昔ながらの」の理由として、「森永コーヒー牛乳」を挙げています。

森永のコーヒー牛乳の添加物

要するに、「昭和32年7月」に発売された「瓶のコーヒー牛乳」の再現なのだそうです。

銭湯なんかで飲まれていたイメージですが、最近の若い人はそのイメージすらないでしょう。

 

さて、その最新の瓶コーヒー牛乳はどんな添加物が使われているのでしょうか。

森永珈琲の添加物

スポンサーリンク

添加物は以下です。


砂糖・果糖ぶどう糖液糖、乳製品、乳、ココナッツオイル、デキストリン、コーヒー、食塩、香料カラメル色素乳化剤


色を付けたのが添加物です。

10種類中5種類が添加物です。

 

左から使っている量が多いので、一番使われているのは、「砂糖・果糖ぶどう糖液糖」と言うことになります。

次が「乳製品」、次いで「乳」となります。

コーヒーは6番目と言う事実です。

 

「種類別」を見ると、「乳飲料」と書かれています。

「乳飲料」とは、原料は乳製品を主体としたものですが、栄養強化や嗜好性向上のため、牛乳由来以外の成分も使用したものです。

 

種類 乳脂肪分 無脂乳固形分
牛乳 3.0%以上 8.0%以上
加工乳 8.0%以上
乳飲料 乳固形分3.0%以上 乳固形分3.0%以上

ちなみに、コーヒー、コーヒー飲料は以下のように分かれています。

種類 生豆で計算した時100g中におけるコーヒーの割合
コーヒー 5g以上
コーヒー飲料 5g未満2.5g以上

つまり、100g中に2.5g未満の物は、「コーヒー」と言う名前を入れることすらできないのです。

「昔ながらの森永珈琲」は、乳飲料なので、豆換算で2.5g未満と言うことになります。

 

各添加物の使用目的

砂糖・果糖ぶどう糖液糖・・・甘味料

デキストリン・・・甘さの調整

香料・・・香りを高める

カラメル色素・・・人工的に造られた食品用着色料の一種

乳化剤・・・乳化や泡立て・泡消し

 

あまり、強い危険性のある添加物は入っていないものの、たくさんの種類の添加物が入っているようでした。

あなたはどう感じましたか?

良ければ、コメントをお願いします↓(ページ最下)

こちらの記事もよく読んでいただいています
スポンサーリンク