【リッツ】新しくなったリッツの原材料と添加物

リッツは、モリデリーズ・ジャパンとヤマザキナビスコとの契約が切れて、インドネシアで製造されるようになったことが話題になりました。

新しいリッツの原材料と添加物はどうなっているのか、調べてみました。

 

スポンサーリンク
こちらの記事もよく読んでいただいています

 

リッツの添加物

これまでのヤマザキナビスコはルヴァンを作り始めました。

モリデリーズ リッツの原材料

モンデリーズのリッツの原材料はこちらです。

リッツの添加物と原材料

 

[colored_box color="green" corner="r"]

小麦粉

植物油

砂糖

ぶどう糖果糖液糖

モルトエキス

食塩

膨張剤

レシチン(大豆由来)

酸化防止剤(V.E、V.C)
[/colored_box]

リッツの原材料と添加物

 

原材料らしいものは「小麦粉」だけです。

それ以下は、調味料と添加物です。

 

[colored_box color="green" corner="r"]

あわせて読みたい記事

[icon image="arrow2-r"] リッツ日本での生産は終了!ルヴァンって!?【画像付】
[/colored_box]

 

添加物部分は、以下だと言えます。

[colored_box color="green" corner="r"]

ぶどう糖果糖液糖

モルトエキス

食塩

膨張剤

レシチン(大豆由来)

酸化防止剤(V.E、V.C)
[/colored_box]

 

リッツの添加物について

リッツの添加物についてお知らせします。

リッツの添加物

ぶどう糖果糖液糖

ぶどう糖果糖液糖は、別名「高フルクトース・コーンシロップ」と言います。

「異性化糖」とも呼ばれています。

その名の通り、とうもろこしからとれる高果糖と言う意味ですが、でんぷんを分解して、液にするのです。

そのでんぷんを参加させるなどして、甘みが強い果糖にします。

とうもろこしの添加物

ここまでは問題ないと言えますが、とうもろこしの多くは輸入だと言うことです。

スポンサーリンク

アメリカからの輸入が多いので、遺伝子組み換えの可能性があります。

 

モルトエキス

モルトエキスとは、麦芽(モルト)を糖化して、減圧濃縮したものです。

麦の添加物モルト

茶色い液状のどろどろのものです。

 

食塩

食塩は主に味付けです。

 

膨張剤

膨張剤とは、発酵の過程などで膨らませる作用をさせるためのものです。

ビスケットなどの場合「硫酸アルミニウムカリウム」が使われることが多いです。

 

「ミョウバン」という名前でも知られている膨張剤は、炭酸水素ナトリウムと一緒に使われることが多いです。

ガス発生させ、持続させる働きがあります。

その昔は、みその色が変わるのを防止する目的でつかわれていました。

現在では禁止されています。

ミョウバンも添加物

 

レシチン(大豆由来)

レシチンは、グリセロリン脂質の一種です。

自然界の動植物においてすべての細胞中に存在してます。

生体膜の主要構成成分でもあります。

ちなみに、「レシチン」はギリシャ語で「卵黄」をあらわすものです。

 

原料がたまごのものは、「卵黄レシチン」と読んでいます。

大豆が原料のものは「大豆レシチン」です。

リッツは「大豆レシチン」を使っているようです。

 

健康食品としても売られています。

 

酸化防止剤(V.E、V.C)

酸化防止剤V.Eとは「ビタミンE」のことで、V.Cは「ビタミンC」です。

「抗酸化力」と言われるくらい、これらは酸化を防止します。

 

 

こちらの記事もよく読んでいただいています
スポンサーリンク