添加物 甘味料(スクラロース)とはどんな食品添加物なの?

甘味料アステルパームの問題が取り上げられるようになり、多くの企業が早急に違う人工甘味料に切り換えなけらばいけない状況に追い込まれる中、2000年から急激に企業に取り入れられ、売り上げを伸ばした人工甘味料スクラロースなのです。

 

甘味料(スクラロース)とはいったいどんな食品添加物なのでしょう?




スポンサーリンク



こちらの記事もよく読んでいただいています


 

 

■スクラロースとは?

 

スクラロースは人工甘味料の1つであり、合成甘味料の種類に分類されます。甘みはショ糖の約600倍

スクラロースは新しい”農薬の研究中”ちょっとしたハプニングで発見されたという事実です

 

■スクラロースのカロリーと血糖値

 

ショ糖の600倍の甘さと考えるとスクラロースはかなり高カロリーのように思えますが、実はカロリーゼロ

 

血糖値とインスリン値ですが、全てが排除されるという特徴から影響はないとされています。糖尿病や糖のコントロールをしなくてはいけない患者さんも摂取できる甘味料ということです。

 

■害はあるの?スクラロースの安全性

スクラロースは現在では80以上の国で、食品添加物として販売されていますし、世界から見ても安全性は認知されているといえます。「危険だ」「安全だ」意見がわかれているのも事実。

 

■1日の摂取量の目安

スクラロースの1日の摂取量の目安は体重1kgあたり5mgです。だいたい錠剤の飲み薬1錠分です。
いくらカロリーがないからといって、大量に摂取するのは体に良くありません。体を治療する薬も飲みすぎたら毒になってしまうように、容量を守ってこそ効果を発揮してくれるのです。

 

 

 

■摂取し続けると「起こりうるかもしれない」副作用?という説

「成長の遅れ」
「赤血球の減少」
「甲状腺の働きの衰え」
「マグネシウムとリンの欠乏」
「肝臓・脳の肥大」
「肝臓細胞異常」
「卵巣収縮」
「脳腫瘍の増加」
「リンパ腫を起こす」
「白血病を起こす」
「白内障を起こす」
体が疲れる・眠れないなどの悩みを持つ方は、特に人工甘味料は避けるべきです。結局、甘味料を使わないような食生活を目指すのが一番良い。

 

■スクラロース使用品

 

うまい棒                    
コカ・コーラ ゼロ
ペプシストロング ゼロ
C.C.レモン リフレッシュゼロ
デカビタC ダブルスーパーチャージ
集中リゲイン
DAKARAフレッシュスタート
ビックル500
etc.使用されています。

 

こちらの記事もよく読んでいただいています


スポンサーリンク






コメントを残す