【森永チョコチップクッキー】原材料と添加物。意外と少ない原材料。

2017年9月24日

調べてみるとスーパーには本当に多くのクッキーが売られています。

その中で存在感があると言えば、「森永」もその一つと言えます。

森永チョコチップクッキーの原材料と添加物について見ていきましょう。

 

スポンサーリンク
こちらの記事もよく読んでいただいています

 

森永チョコチップクッキーとは

森永チョコチップクッキーとは、こちらのクッキーです。

森永チョコチップクッキーとは

 

楽天でも手に入ります。

メッセージが書けるようになっていると言うのは新しいですね。

森永チョコチップクッキーの箱

 

箱を開けたところはこんな感じです。

森永チョコチップクッキーの箱の中身

 

小分けした袋にもメッセージを書くスペースがあります。

日本人らしいアイデアと思えます。

森永チョコチップクッキーの袋

 

クッキーはこんな感じです。

森永チョコチップクッキー

 

森永チョコチップクッキーの原材料と添加物

森永チョコチップクッキーの原材料と添加物をチェックします。

森永チョコチップクッキーの原材料と添加物

 

[colored_box color="green" corner="r"]

スポンサーリンク

小麦粉、チョコレートチップ、ショートニング、砂糖、オートミール、ホエイパウダー(乳製品)、ココアパウダー、黒みつ、食塩/膨脹剤乳化剤(大豆由来)、香料

[/colored_box]

 

添加物として気になるのは、ショートニング、膨張剤、乳化剤、香料、くらいでしょうか。

原材料はいたってシンプルです。

他のクッキーと比べて原材料の種類が少ないように感じます。

余計なものは入っていない、と言うこととも言えます。

 

ココアパウダーや黒みつなどは悪いものではありませんので、添加物も少なめです。

乳化剤も大豆由来。

これが遺伝子組み換えかどうかまでは分かりませんが、そうでなければ悪いものではありません。

 

香料は人工のものも、天然のものも香料と表記されるので、この情報だけでは判断ができません。

ほかの材料から推測すると、そんなに悪いものは使っていないように思えますので、お子さんのおやつにも適しているのではないでしょうか。

 

気になる添加物

[icon image="arrow2-r"] 添加物 ショートニングはこんなに危険性なもの

[icon image="arrow2-r"] 膨張剤

[icon image="arrow2-r"] 添加物の乳化剤の「乳」は「乳製品」の乳ではない

[icon image="arrow2-r"] 「香料」!名前はシンプル どんな役割がある?

 

森永チョコチップクッキーの栄養素とカロリー

森永チョコチップクッキーの栄養とカロリーはこちら。

森永チョコチップクッキーのカロリー

 

1枚当たり(標準9.3g)

[colored_box color="green" corner="r"]

カロリー:49kcal
たんぱく質:0.5g
脂質:2.5g
炭水化物:6.0g
ナトリウム:14mg

[/colored_box]

 

1枚で49kcalと言うのは意外と高いカロリーだと思います。

この手のクッキーはチョコレートが入っているだけカロリーが高くなりがちです。

1箱12枚も食べたらランチくらいのカロリーになってしまいます。

 

森永チョコチップクッキーの賞味期限

賞味期限はここに書かれています。

森永チョコチップクッキーの原材料と添加物

 

こちらの記事もよく読んでいただいています
スポンサーリンク