ホエイパウダーを商品に使ってるスナック菓子の安全性

2019年11月22日

バレンタインでも手軽に送られているこの商品

非常に食べやすく、ついつい口に運びますとやっぱり止まらない美味しさ

原材料表示を調べてみますとホエイパウダーが使用されていますが、いったい何なんでしょうか?

スポンサーリンク
こちらの記事もよく読んでいただいています

 

 

バレンタインデーには欠かせない商品の一つに挙げられるようです。

ロッテ パイの実

原材料名

小麦粉、マーガリン、砂糖、植物油脂、カカオマス、麦芽糖、乳糖、全粉乳、ホエイパウダー、食塩、香料、乳化剤(大豆由来)

 

森永製菓 おっとっと うすしお味箱 54g(27g×2袋)

原材料名

乾燥じゃがいも、ショートニング、小麦粉、植物油脂、ホエイパウダー(乳製品)、砂糖、とうもろこしでん粉、
シーズニングパウダー(食塩、乳糖、チキンパウダー、オニオンエキスパウダー、酵母エキスパウダー(大豆を含む)、
麦芽糖、香辛料)、食塩、たんぱく加水分解物、加工デンプン、貝Ca、調味料(アミノ酸等)、膨脹剤、乳化剤、
香料(キウイフルーツ由来)、酸化防止剤(ビタミンE、ビタミンC)、カロテン色素

 

ホエイパウダーとは

 

スポンサーリンク

 

「ホエイ」とは「乳清」のことをいいます。

(乳清=チーズなどを作る際に生まれる上澄み)

乳清(にゅうせい)とは、牛乳を乳酸菌で発酵させたり、牛乳に酵素や酸を加えることで、牛乳に含まれるチーズなどの原料となる乳タンパクの主成分(カゼイン)を取り除いた液状部分のことをいいます。水溶性のタンパク質や乳糖、水溶性ビタミン、ミネラル分をたっぷり含んでいて、栄養価が高く優れた健康食品として知られています。

そして、ホエイパウダーとは、乳を乳酸菌で発酵させたり、乳に酵素や酸を加えて「乳清」を作り、そこからほぼ全ての水分を取り除いて粉末状にしたものです。日本語で言うと「粉末乳清」となります。

生乳、牛乳又は特別牛乳の乳脂肪分を除去したものから、ほとんどすべての水分を除去し、粉末状にした脱脂粉乳とは全く異なります。

 

酵母エキスパウダー

食品の扱いになる 酵母エキス。名前は良い感触ですが、実際には簡単な化学合成で
無理に作られた酵母を言います。

 

使用目的としてはグルタミン酸ナトリウムと同じく加工食品にうま味をもたせる役割を持ちます。
酵母エキスは精製したものではないので食品添加物に分類されず食品として扱われますが、
実質は食品添加物そのものです

 

カロテン色素

食品への表示は簡略名として

  • カロチノイド色素
  • カロチン色素
  • カロチン
  • カロテノイド色素
  • カロテン色素
  • カロテン

と表記される場合があります。実際にカロチノイド色素などと一言でいってもその種類は豊富にありますので、何から得られたものが使われているか食品に詳しく書いていなければ消費者にはわかりにくいところがあります。

 

近年はカロテノイドと食品標準成分表では統一されています。

 

 

こちらの記事もよく読んでいただいています
スポンサーリンク