子供も大好きカルビー「じゃがりこ」の食品添加物

子供にはあまり身体に悪いお菓子は食べさせたくない。

正直、どの商品がよくて、どの商品が悪いのかわからない。

 

普段、子供の食生活や栄養バランスに気を付けていても、

コンビニが手軽に立ち寄れて、簡単に子供がおやつを口に出来ます。

 

私も大好きなスナック菓子・・・。

 




スポンサーリンク



こちらの記事もよく読んでいただいています


 

 

カルビーじゃがりこへのこだわり  ☚ 参考に

 

「楽しく食べる」をキーワードに製品開発された。

 

じゃがりこの食品添加物


じゃがりこ サラダ味
原材料:じゃがいも(遺伝子組換えでない)、植物油、脱脂粉乳、食塩、にんじん、水あめ、
デキストリン、パセリ、香辛料、砂糖、乳化剤(大豆を含む)、カゼインNa調味料(アミノ酸等)酸化防止剤(V.CV.E)、香料

乳化剤は大豆由来のレシチンで、安全性は高いといえます。

じゃがりこ チーズ味
原材料:じゃがいも(遺伝子組換えでない)、植物油、チーズ(チェダー、パルメザン)、
ホエイパウダー(乳製品)、食塩、チーズ加工品、粉末植物油脂、香辛料、乳加工品、酵母エキスパウダー、
乳化剤(大豆を含む)、調味料(アミノ酸等)カロチノイド色素水酸化カルシウム香料酸化防止剤(V.C)

じゃがりこ じゃがバター味
原材料:じゃがいも(遺伝子組換えでない)、植物油、ホエイパウダー(乳製品)、粉末植物油脂(大豆を含む)、
還元水あめ、バター(北海道産100%使用)、食塩(あらじお)、クリーム(乳製品)、乳糖、砂糖、デキストリン、
パセリ、乳化剤、香料調味料(アミノ酸等)酸化防止剤(V.C)

 

 

 

食品添加物としては、カゼインNa(サラダ味に含まれる)、水酸化カルシウム(チーズ味に含まれる)、カロチノイド色素(チーズ味含まれる)、ビタミンC(共通)、ビタミンE(サラダ味に含まれる)、香料(共通)が使われています。

 

 

カゼインNa

 

多くのサイトで、牛乳や乳製品にアレルギーを持つ人はアナフィラキシーショック、つまり、生命に危険を及ぼすアレルギー症状が起こると注意を喚起されています。
気を付けましょう。

また、アレルギーがなければ、上にあげたどの味も好みで選べばよいですが、期間限定モノには甘味料が添加されている場合が多いので、注意しましょう。

 

【じゃがりこ サラダ】に使われているカゼインNaは、牛乳にふくまれるたんぱく質のカゼインとNa(ナトリウム)を結合させたもので、糊料として使われています。
動物に一定量を投与すると、中毒を起こしますが、それはNaが原因であると考えられ、添加物として微量使われている分には、問題はないでしょう。

 

L-グルタミン酸Na

L-グルタミン酸Naをメインとした調味料(アミノ酸等)が添加されているので、それが舌を刺激し、その味が脳にインプットされるからでしょう。
一度インプットされれば、また「食べたい」ということになります。ただし、L-グルタミン酸Naの場合、一度に大量にとると、
人によっては、顔や肩、腕などに灼熱感を感じたり、動悸を覚えることもあるので、食べすぎには注意が必要です。

こちらの記事もよく読んでいただいています


スポンサーリンク






コメントを残す