【スーパーのおにぎり】スーパーやコンビニのおかかおにぎりはシンプルそうで添加物てんこ盛り

スーパーやコンビニのおにぎりは、売り上げを助けるキラーアイテムと言われていますし、利益率も高いと言えます。

そのコンビニのおにぎりに添加物が大量に入っています。

どんなものが入っているのか?

そして、それはなぜなのか、お知らせします。

 

スポンサーリンク






こちらの記事もよく読んでいただいています


 

スーパーのおにぎりとは

スーパーのおにぎりとは、色々な味があるし、コンビニだと100円~300円近いものもあります。

スーパーだと60円くらいから150円くらいです。

スーパーのおにぎりの添加物

 

スーパーのおにぎりの原材料と添加物

スーパーのおにぎりの原材料と添加物をチェックします。

おにぎりの添加物

醤油飯(国産米)、かつお節、醤油、砂糖、その他、のり、ソルビット調味料(アミノ酸など)ph調整剤、(原材料の一部に乳成分、小麦、牛肉、大豆、鶏肉、ゼラチン、ごまを含む)

 

原材料の一部に乳成分など入っているようですが、原材料の中のどこに小麦とか、牛肉とか、大豆とか、鶏肉とか、ゼラチンとか、ごまがあるのでしょう?

不思議です。

 

おにぎりなんて、ご飯と海苔くらいあったらできそうです。

おかかおにぎりの場合は、鰹節、後醤油くらい?

 

でも、それ以外のものが結構入っています。

 

気になる添加物

  【物のうまみは全部一緒】らーめんも、スナック菓子も、昆布だしも全部味のベースは同じもの【調味料アミノ酸】

 

一括表示の罠

おにぎりだから、添加物は2~3種類だから、安全な方、と安易に考えたら怖いです。

 

おにぎりによく入っている添加物は「調味料(アミノ酸など)」、「ph調整剤」、「グリシン」などでしょうか。

実は3種類ではありません。

そこには、「一括表示」があるのです。

 

例えば、ph調整剤ですが、クエン酸ナトリウムとか、酢酸ナトリウム、フマル酸ナトリウム、ポリリン酸ナトリウム、など、まとめて「ph調整剤」と呼びます。

要するに、「同じ目的で使われたもの」は、一括表示していいのです。

法律でそうなっています。

 

色々横文字が並んでいると「なんかこわい」とか「よくわからない」とか、「気持ち悪い」とか、不信感を抱きます。

そこで、日本語です。

「ph調整剤」と書けばなんとなく和らぎます。

 

調味料(アミノ酸など)、にも注意が必要です。

「など」が曲者です。

グルタミン酸ナトリウム、DL-アラニン、グリシンなどのアミノ酸系はもちろん、ここに入ります。

さらに、核酸なども「など」なのでどんどん入れていいのです。

 

スーパーのおにぎりの栄養素とカロリー

スーパーのおにぎりの栄養とカロリーはこちら。

 

カロリー:不明

たんぱく質:不明

脂質:不明

炭水化物:不明

ナトリウム:不明

 

 

スーパーのおにぎりの賞味期限

スーパーのおにぎりの賞味期限はこちら。

おにぎりの添加物

製造日とその翌日で合計2日間となります。

 

こちらの記事もよく読んでいただいています


スポンサーリンク




コメントを残す